«

»

12月 03

「牧之通り」と書いて「ぼくしどおり」と読むなのである。

牧之通りを歩いてみよう

タイムスリップしたような気分で通りを闊歩せよ

 

media-467

 

初めて来たかな、前も来たことあったかな

半々の気持ちで記憶に街を映し出そう

 

media-468

 

「雁木」って知っているかい

私にとって馴染みある屋根の連なりこそ、幼少期から目に映してきたものである

 

media-469

 

信用組合の前に両替の文字

 

交換したくなるものはありますか

古銭ですか新たな世界通貨ですか

 

media-470

 

街の一角に、ロッカー発見

数字が漢字だというだけで、忍者が使うロッカーだと感じた

 

media-471

 

牧之通り(ぼくしどおりと読む)を通って感じたのは

謎めいた感じと、馴染む感じであった

 

好みの範疇だという事でありましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA