«

»

6月 21

獣なる独楽と深海の神殿に捧ぐ詩

獣なる独楽の雄々しく叫ぶ声は

空を渡って両耳に響いて来るような夕暮れの景となっていた

 

media-363

 

陽が落ちようとも建造は白くあることを知った

また、夜深まれば灯る世界に感動はあるのだ

 

media-364

 

それは

深海の夜の始まりのように

 

media-365

 

祖国の歴史の一編に触れ

深海の神殿にひざまづいた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA