小学三年のERIKOの感想文作品をよんで

小学三年のERIKOが影響を受けた本

「こいぬがうまれるよ」 ジョアンナ・コール

https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=465

 

本を読んで小学三年のERIKOは感想文を書いた。

それを探しに向かった今のERIKO

http://erikoerin.net/diary.record/1103

 

感想文の原文を書きおこすことでNETでも見れる作品に仕上げた。

http://erikoerin.net/diary.record/1116

 

生まれるってどんな事だろうと知りたかった頃。

当時のERIKOはそんな事を探していたのだと思う。

 

子犬を通じて人間のことも想像しながら。

人と犬とのちがいや同じところを自分なりに見つけたり。

 

自分の中でわからないことがあれば、わからない、と記す行為はあの頃も今も変わらない。

 

犬がどんな行動のときにないたかを考えたり。

さびしいとき。うれしいとき。なくのは、どんなときだろう。

いろんな場面があるね。

 

ダンボール箱から脱出する技が見たくてさぁ。

でも、どうやってとか、どんな風にとか、そういう所にも知りたいがあったのだ。

犬の成長の早さやスピード感、逞しい自立心みたいなものにも驚きと感心があったのだろう。

 

しまいには、生まれてすぐに、どんどんいろんなことができる犬を、不思議な生き物としてしめくくるあたり、もういっそ、ERIKOがマジカルだよ。

というわけさ。

lyricchord ERIKOERIN.

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA