「 音海天詩 」


僕の背中に羽が生えた
でも片方しかないんだ

けれど

好きな音にまみれていたら
好きな人の傍にいたら

羽がもうひとつ
現れるんだ

僕は
両方の羽を手にしているみたいだ

この羽なら飛んで行ける

僕の音楽船は
鍵盤も弦も太鼓も薔薇のマイクも乗せて飛びたい

すべて乗せて行きたいんだ

そしたら

僕はずっと
歌い続けることができると思うんだ