«

»

11月 05

赤色と羽の形をしたVサインにパワーを頂きました

さらに山の頂きに

高いところに登って行くことで

 

辺りに再び
明るさを取り戻すことのできるひとときがあった

 

背筋をピーンと伸ばして

羽が生えたみたいで飛べるようなイエーイ

 

media-97

 

嗚呼

赤色だった

 

山の赤色と空の水色が溶けあってピンクも好きだ

 

media-98

 

わたしはこの1日を

心身に充たして制作の力に変えることができる

 

感じ取った何かを原動力にして

絵は描くことが出来る

 

それは、自然にも人にも

どんなものにも共通していて

 

絵描くとき

それは、感じ取ったそのものを

絵描いて行くものだから

絵を描いて誰かに贈ったとして

 

それを見た相手は

ぎょっとすることもあるだろうし

 

見抜かれてしまったなあ

と思う人もいるのかもしれない

 

あなたから感じた絵です

といって渡すようなものだから

 

見透かされたり見抜かれたりすることを

嫌がるひともいるし

 

プライドを傷つけてしまうことも

あるのかもしれない

 

逆に、とてもそれを心地良く感じてくれたり

ありのままを

もっと欲してくれるひともいるのだとも思う

 

その受け方もまた人それぞれであるし

 

わたしは

どういってみようもなく

 

贈ってよかったのか否かってのは

 

本人に聞いてみないと

わからないものだなあ

 

だけど

贈る相手に対しては、わたしはいつだって

大好きな気持ちを込めて作品をお渡ししています

 

だから、できれば

贈った先で愛されているといいなあって

いつも願っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA