«

»

10月 24

1999-2000「3E1R4I」スリーイーワンアールフォーアイ時代のエリコ

えりこは今、お部屋の整理などもしている日々

今日は楽しいものを発見しました

 

このようなフライヤー類です

 

media-65

 

1999年頃のえりこのお話になると思います

 

1999年から2000年にかけて

えりこは、半年間ほど

 

原宿にあるデザインフェスタショップ

「CLOCKWORK MARKET」という場所に

 

作品を置いていた時代があります

 

media-66

 

当時、えりこは、樹脂系のアクセサリーを作るのが好きで

いろいろと制作していた

 

いっぱい出来たので、何となく売ってみたくなって

原宿にある、このお店と出逢った

 

店内は、手作りのいろいろなアートな小物やアクセサリーで

溢れていた、すぐに気に入った

 

置いてもらえることになり

ちょこちょこ売れるようになった

 

クロックワークマーケットのフライヤーのヒトコマに

えりこの作った不思議アクセサリーも写っているフライヤーもある

 

media-67

 

ファンレターをいただいたこともあった

 

海外の方でマイケルさんからのレターを

紹介してみます

 

「チューブでアクセサリ作ってる人はものすごく多いのに、

センスのある人は意外とすくない。材料は安いからなかなか買わないけど、

3E1R4Iの作品ってホントにすばらしく、2品も買った。

いいもの作ってくれました!いっぱい売れるといいですね。すばらしい」

 

と、メッセージが(直筆で)綴られていた

 

media-68

 

なんだか素敵なメッセージをいただいたと感じた

 

つまり、えりこのセンスや技術を高く評価し

センスや技術に報酬を支払ってくださったのである

 

えりこは、えりこのセンスや技術を、評価してくださるひと、

そして、そこに価値を見出し、きちんとギャラを与えてくださる方が

大好きです、ありがとうございます

 

マイケルさんのメッセージの下には

マイケルさんが自分で描いたのだと思うんだけど自画像ですな

 

注射器の付いたアクセサリーなどを購入してくださったのだろう

 

media-69

 

「3E1R4I」

スリーイーワンアールフォーアイ

 

当時えりこがやっていた

異素材系アクセサリーのブランド名

 

ひとつさらに

思い出したことがあった

 

当時、王様のブランチというテレビで

姫様が、このお店に来店したこともあった

 

たまたまテレビを見ていた、えりこ

店内が映ったので、録画した

 

えりこの作品も、ちらっと向こう側に

映っている映像が

 

部屋のどこかに、あの映像が

隠されているはずなんだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA