«

»

11月 07

蘇生~陽のあたる場所~ステップ~思いもよらない奏法を!

人の気配の薄らぐ様子ありて

辺りを見回すと

紅色の花がしっとりと咲いていた

 

様子が気になり、傍へ寄ってみると

今まさに飛んで来た蝶が

視界の端から中央へと身を寄せ花に辿り着いた

 

すると、わたくしの血潮に異変が、、

瞬く間に、血潮が動き出す、流れ込んでくるような

 

これは、なんというか

蘇生かもしれないと思った

 

media-263

 

人の気配のある道に戻り、また歩を進めた

 

陽のあたる場所とは、このことでありましょうか

眩いもので

目に飛び込んでくる紅色が、光の艶を纏って見えた

 

media-264

 

格式ある緑の中で

妙に、手の届かない存在のようにも見え

だが、手に触れてしまう衝動は止められはしないだろう

 

media-265

 

思い巡らしながら行く道に

飛び石が敷かれていた

 

陽は、真っすぐ飛び石に降りて来て

足を乗せてごらんと、際立つ白と黒は鍵盤みたいに見えた

 

media-266

 

嗚呼、楽しや

 

全部を通ることも、どこかを選び抜いて

飛び越えていくことも、見えていた

 

だからこそ

思いもよらない奏法をあみだせるのだと思った

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA