«

»

12月 27

気付いたことに気付くことは人生観の転換期を迎えた印かもしれない。

空を行く赤を見上げながら、少し歩くと

立ち位置が変わり、目にするものに驚くでありましょう

 

media-334

 

地上を行く赤から伸びる梯子という頼もしいやつである

 

それは、人を乗せて上下したり

伸びた先で放水活動も行うことのできる凄いやつだと思うのでありんす

 

media-335

 

背丈の高い赤を見ていると

妙に視線を感じ、振り向けばSTUTZが居た

 

見開いた瞳の印象的な赤である

あなたのことも大好きである

 

media-336

 

STUTZの存在を確認しつつ

再び巡り、梯子の下に鐘を発見

 

目にしただけなのに、音が聴こえてきそうな感じは

形状から記憶をくすぐるのか

視覚から入る情報は脳に届くと、他の感覚にも響いて行くものである

 

media-337

 

他にも、ユニークな形状の金属装備を纏った赤を見て

まるで、金管楽器のようにも見え

ラッパ隊の音が聴こえて来るような気がした

 

media-338

 

都内の一角に歴史ある名車や装備が潜んでいる

素晴らしい場所だと思う

 

誰でも、中に入ることは可能だが、

入り口に気づかなけりゃ、通り過ぎ行く景色となるだろう

 

media-339

 

運命は何をもって運命というか

出逢いは何をもって出逢いというか

 

media-340

 

気付いたのであれば、行動をしてみるほうが自然だと思う。

きっと、あなたは、

以前から気になってしかたのなかったものだろうと察する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA